本と音楽と、コーヒーと。

本やら音楽やらの、レビューっぽいこと+病気のこともちょっと。

病気のこと、少し。

こんばんは、まつじです。

今回は、病気のことを少し書いてみようと思います。

私の診断名は「双極性障害」と言われるもので、たぶん「II型」だと思われます。昔でいうところの躁うつ病で、私の場合、ごく軽いケースなのだろうと思います。

躁とうつでは、「躁状態」の方が厄介だと聞きます。

私もクレジットを使い込んで借金を背負ったり、全能感にとらわれて、「もう病気は治った、再発することもない!」という状態が一週間近く続いていたことがありました。その時は、「ブレーキ」が効かなくなるのです。

徹夜を2日続けても、まだ寝るのがもったいないと感じたりします。「はてな」をProにしたのも、軽躁のせいかもしれません。とはいえ、それを「躁」とも呼べるほどの躁でもないかもしれないのです。この病気で苦しんでいる人は、もっと苦しんできていると聞きます(詳細は書きませんが)。

私は、主治医が2月に替わりました。私は精神科にかかるようになった始め、「うつ病」と診断されて長く通院してきました。ところが、だいぶ前から抗うつ剤が外されたり、藤堂失調症に処方されるような薬が増えてきたりしました。替わった担当医に伺うと、「双極性障害として引き継いでいます」「メインのお薬も、リチウムにしたいと思っています」と。それで現在は、寝る前に5種11粒を服薬しています。

おかげさまで、突発的に起きられなくなることはあるのですが、だいぶ安定してきているように思います。

また、経過の報告や来歴なども書くかもしれません、その節はよろしくお願いいたします。

 

【スポンサーリンク】