本と音楽と、コーヒーと。

本やら音楽やらの、レビューっぽいこと+病気のこともちょっと。

迂闊!選挙区割りが変わっていたなんて!!

こんばんは。まつじです。一昨日(10/12)に投票所への入場券(正確には何と言うのでしょうか)が郵送されてきました。

今日、その封筒の表書きを見てびっくり! 今までの「東京7区」から「東京10区」と表記が変わっているではありませんか!

慌てて中野区選管のホームページを確認したところ、中野区の一部は東京10区に編入されていたということでした。迂闊!!

東京10区といえば、小池氏の出身区とあって、最注目の選挙区の一つです。数日前まで貼られていた7区の立候補予定者のポスターが、あっという間に10区の候補者のポスターに変わっていたのを見て、「また貼り間違えている」と思っていたのです(いや、過去には実際貼り間違いはあったのですよ)。

今までですと、小選挙区では迷わず長妻昭氏に投票していました。比例区では、わが家は3代続いている創価学会の家庭ですので、公明党に投票していました。

ところが。

選挙区が変わってしまったことにより、少々迷いが生じました。

・自民党 若手の新人

・希望の党 中年の新人

・立憲民主党 若手の新人

と、実績上の決定打には欠けています。

となると、「党」で決めることになるわけです。

安保法制や共謀罪などのことがあり、今回は自公のうちの公明党にも入れないことは決めていました。希望の党も、維新との連携や、自民との連携を否定していないことで選択肢からは外れます。

となると、残るのは立憲民主党。この小政党に何ができるのかは未知数ですが、今回に限っては(?)この党に投票しようと思っています。

ところで、こういうことって、ブログに書いていいんでしたっけ?

 

 

f:id:twostars0316:20171015025733j:plain

【スポンサーリンク】