本と音楽と、コーヒーと。

本やら音楽やらの、レビューっぽいこと+病気のこともちょっと。

Kindle日替わりセール本『日本人だけがなぜ日本の凄さに気づかないのか』ケント・ギルバートほか(12/2)

こんばんは、まつじです。ようこそお越しくださいました。

昨夜20時ごろに寝落ちしてしまったので、目を覚ましました。日付が変わっていて、ビビってしまいました。

さて、今日のセール本はこちら。¥399です。紙本に掲載されている写真が、Kindle版では掲載がないとの注意書きがされていましたので、お求めの際にはご了承ください。

 

日本人だけがなぜ日本の凄さに気づかないのか

日本人だけがなぜ日本の凄さに気づかないのか

 

 

ああ、ぼくはこういうタイトルの本は読まないだろうな・・・。

Amazonさんのページには、以下のように書かれていたので転載しますね。

戦後、アメリカは日本を好戦的民族と勘違いし、占領政策において日本人が自国を愛せないような洗脳と憲法を押し付けた。それをいまなお悪用し、日本への歴史攻撃を行い続けているのが、儒教国家・中華人民共和国と韓国である。実際には対戦国でもない両国がなぜ日本を貶めることに躍起になっているのか。そして国内でこれに呼応する反日左翼の実態とは。米国、中国出身の愛日派2人が、日本人を蝕む「精神支配」のカラクリと中韓の悪だくみを暴く!

コメントは差し控えておきますね。

 

 

 

 

【スポンサーリンク】