本と音楽と、コーヒーと。

本やら音楽やらの、レビューっぽいこと+病気のこともちょっと。

Kindle日替わりセール本『アメリカの壁』小松左京(11/26)

おはようございます。まつじです。ようこそお越しくださいました。

今朝の一曲目は、Amazonのmusic unlimitedで、ジョン・エリオット・ガーディナーのベートーヴェンです。いや、みずみずしい第一番です。

さて、今日のセール本はこちらです。

 

アメリカの壁 (文春文庫)

アメリカの壁 (文春文庫)

 

 

Amazonさんのページでの説明は長いので、途中をはしょります。

 40年の時を超えて大きな話題になった表題作「アメリカの壁」を含む傑作短編集。

 1977年に発表された「アメリカの壁」に登場する孤立主義者のアメリカ大統領が、トランプ大統領を想起させることから、「トランプ政権 予言の書?」と新聞に取り上げられたり、ネット上で「いま読むべき作品」「現実がSFに近づいた」といった声が相次ぐなど、大きな話題に。

(中略)

 電子版オリジナル解説では、小松左京の家族である小松実盛氏が各作品の背景を詳細に紹介。テーマにこだわらず1977~78年に発表された作品を集めた結果、ミステリあり、コミカルタッチあり、ホラーありとバラエティにとむ本書収録作の位置づけや、同じテーマを扱った他の作品を案内。日本が生んだ最高のSF作家、小松左京の豊潤で広範な作品世界に関する格好の入り口となっている。
 また、初めて公開される自筆メモや、プロの漫画家として活躍した時期もある著者の一コマ漫画を特典画像として収録。

 

う~ん、これも捨てがたいなあ。

 

 

 

【スポンサーリンク】