本と音楽と、コーヒーと。

本やら音楽やらの、レビューっぽいこと+病気のこともちょっと。

断章#7 ~うつ病と双極性障害~

0)大変申し訳ありませんでした。登録して2時間経ってから、双極性障害「とは?」の部分を書き損じていたことに気づきました。以下、補足です。

0-1)双極性障害と言うと聞きなれなくても、「躁うつ病」というのを聞いたことがある方は多いと思う。非常に大雑把な言い方をすれば、「双極性障害」というのは、昔なら躁うつ病と言われていた症状のことをいう理解で大筋は間違いではない。

0-2)「躁」と「うつ」の2つ(双)の極が交互に現れるのが双極性障害と言われる症状だが、2つの極がどのようなサイクルや長さ、強度で現れるかは一様ではない。

0-3)「うつ」については一般的な理解が進んでいると思われる。無気力感・億劫感などが2週間以上にわたって見られる場合、「うつ病」が疑われる。

0-4)説明しづらいのは、「躁」の方である。過度に社交的になるなど、さまざまな局面での「病的な亢進」が見られることを言うが、一見、明るく華やかで社交的な「性格」とも見られがちなため、本人も周囲も、それを「症状」とは捉えにくい場合が多い。

         << 補足はここまでです >>

 

1)これから読んでいただくのは、私見ないし試論であって、必ずしも医学的な「定見」ではありません。その上でお読みください。

2)ぼくは37歳の初夏に、張り詰めていた糸が切れたかのようにうつ状態に陥った。始め会社の指示で産業医にかかったあと、すぐにメンタルクリニック(心療内科)を紹介され、休職することになった。

3)その頃は、「うつは心の風邪」という言い方が、キャンペーンのように使われていたが、それはある意味では正しい。

4)まず「風邪」は正しい手当をすれば「治る」ということ。「正しい治療」を受けることができて、職場復帰できた方は幸いだ。

5)その一方で「風邪は万病の元」と言われるように、こじらせたり、不適切な対処をするのはいけない。最悪、「自殺」という「死に至る病」であることも周知されてしかるべきだ。

6)と、うつ病で現に悩んでいる方を不安に陥れることが本稿の目的ではない。

7)ぼくは何年も同じ主治医に見てもらっていたが、処方される薬がよく変わっていた。それは、その時その時のぼくの症状に、臨機応変に対応してくれている、よいことだと思っていたし、今もそう思っている。

8)しかし、昨年の2月、彼は退職して病院を去り、新しい担当医と組んで症状に挑むことになった。

9)その際、新しい主治医に「念のため確認しておきたいんですが、ぼくの病気って、うつ病なんですよね?」と訊いてみた。

10)「はい、双極性障害として引き継いでいます」。

11)(おい!)

12)やはりそうなのかと、その時思ったのだ。処方を調べたり、ある時から抗うつ剤が処方されなくなったりしていたからだ。長期にわたる加療にも関わらず、大小さまざまな気分の変調(波)が、一向に治まらないことも、うつ病なのか?という疑いにつながっていた。

13)これは一般に言えるようだが、近年うつ病の症状が「軽症化」しているにも関わらず「長期化」しているということがある。これが病態の「見立て」を困難にしているのではないかとぼくは思うし、ぼくもその一例であったということなのではないかと思っている。

14)ぼくがネットを通じてつながっている数少ない友人も、発症当初はうつ病と診断され、後年、双極性障害と診断されたのだと聞いている。

15)ここから性急に結論めいたことを導こうとは思わないが、「うつ病」と診断される以前であっても、「躁」と判断されるエピソード(クレジットでの「大」散財など)が一度でもあれば、双極性障害である可能性が高いということだ。

16)ぼくの例で言うと、高校時代に生徒会の役員をやたらと兼務したり、学校行事に過度に肩入れしたりしていたことがある。中学時代は「帰宅部員」であったにも関わらず、である。

17)また就労支援事業所に通所中、「ぼくはもう全快しました。再燃することもないと思います。もう大丈夫です!」と職員に語ったりしたこともあった。

18)あとは、クレジットでの散財の果ての債務整理。

19)後から考えると、芋づる式に、あああれもそうだ、これもそうかもしれん、と出てくること・・・。

20)そろそろ締めくくろう。「断章」なのに1300文字も書いている(笑)

治療が長期化している場合、自分の診断名は時々チェックさせてもらおう。

信頼でき、かつ、病気に対する理解のある友人を探そう。

ご理解のあるご家族とお住いなら、セカンドオピニオンをとれる病院を探してみよう。

この3つを提案とさせていただき、本稿を締めくくることにしたい。長文にも関わらず、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

事実誤認と思われるとか、そんな言われ方で傷ついた、等についてはコメントいただけますようお願いいたします。

 

すずき しょうじ Skype ID:showgy0311

 

 

 

 

【スポンサーリンク】