本と音楽と、コーヒーと。

本やら音楽やらの、レビューっぽいこと+病気のこともちょっと。

ブログの方向性を整理したい。というより、しなければ。

おはようございます。まつじです。今回は、極めて私的なエントリーです。

私はいま、3つのブログを開設しています。

 

www.bookcafe.work

 

memoteki.hatenablog.jp

 

collboration.hatenablog.jp

 

軽躁?だった時期(今月初頭~中旬)にかけて開設しました。そして、このブログの始めの頃に、この文を書きました。

 

www.bookcafe.work

 

主とした内容は、

1)ブログの収益化を図る、

2)4000字の文章が書けるようになる、

3)励まし合える仲間を作る、

 

の3点です。2)については、先日3000字弱の文章が書けましたので、あとひと息なのですが、1)と2)については、むしろ迷走状態です。

より正確には、「収益化に向けての仲間をつくる」と言ったところでしょう。

この役割は、主として「めも的ブログ」に担わせているようです。このブログでは、読書と音楽鑑賞についての雑記を記していきたいと考えているようです。

3つめの「ハモるるる」は共同執筆者さまが見つかるまでは何とも言えません。

半月ほどやってみて感じているのは、私はどうにもアフィリエイトには向いていないのではないかということです。たぶん、一般の会社で就労していても、営業成績は伸び悩んでいる社員といったところでしょう。

それでも、何かしら文章は書きたいのです。

そんな折に、こんな本を見つけました。

 

書くことが思いつかない人のための文章教室 (幻冬舎新書)

書くことが思いつかない人のための文章教室 (幻冬舎新書)

 

 

まだほとんど読んでいないので何とも言えないのですが、ブログの方向性、というか、ブログに書く文章の方向性が見定まるといいなと考えております。

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】