本と音楽と、コーヒーと。

本やら音楽やらの、レビューっぽいこと+病気のこともちょっと。

ヨーゼフ・クリップスのベートーヴェン

こんばんは。まつじです。なかなか眠れずに、起きてしまいました。

別途書くつもりでいるのですが、私は調子が良さ気であるときは、ベートーヴェンをよく聴きます。逆に、受け付けられない時は、調子が悪いということです。

さて、真夜中に何かベートーヴェンを、しかもあまり聴いたことがない指揮者でと思ってAppleMusicを検索していたら、ヨーゼフ・クリップス指揮のロンドン交響楽団盤が見つかったので、早速聴いてみました。まだ1番しか聴いていませんが、これがかなりいい。

 

 

響きはいたってノーブルで柔らかく、よく言ういい方ですが、指揮者の人間性がうかがえます。

CDはバラでしか売っていないので、断然おトクです!

【スポンサーリンク】