本と音楽と、コーヒーと。

本やら音楽やらの、レビューっぽいこと+病気のこともちょっと。

バレンボイムの最新ブルックナー

こんばんは。まつじです。

一曲一曲が長~い(約50~80分くらいします)、アントン・ブルックナーの交響曲全集を、AppleMusicで聴き終えました。ブルックナーの交響曲全集を3回も録音したのは、このダニエル・バレンボイムだけじゃないかな?

1回目:シカゴ交響楽団

2回目:ベルリン・フィル

3回目:シュターツカペレ・ベルリン

どの盤も現役盤として入手できます。

他の指揮者での演奏も聴いてみて、多少は好きな「部分」が出てきてはいるのですが、いかんせん、ブルックナーには苦手意識を持ってしまっていて、「名演」と言われている録音もピンとこないのです。ファンのみなさま、申し訳ございません。

それでも、「ほぉ」と思ったものはありまして、それはカラヤンとベルリン・フィルによる演奏でした。こちらです。

      ↓ 

Karajan Bruckner: 9 Symphonies

Karajan Bruckner: 9 Symphonies

 

 

そうそう、これはバレンボイムのブルックナーについての記事でした。そのCDのセットはこちらです。ご購入のご参考にならず、申し訳ございませんでした。

      ↓ 

Bruckner: the Complete Symphon

Bruckner: the Complete Symphon

 

 

    

 

【スポンサーリンク】