本と音楽と、コーヒーと。

本やら音楽やらの、レビューっぽいこと+病気のこともちょっと。

障害者手帳と自立支援制度

こんにちは。まつじです。

私は、「精神障害」についての福祉制度を利用しているものですが、この種の病気で通院されている方が利用できる制度を2種、ご紹介いたします

・自立支援医療受給者証の取得

・障害者手帳の取得

この2種類です(少なくともあと1つはあるのですが、それは敢えて書きません)。

これらの制度は、いずれも各自治体が窓口となっています。以下は「東京都」の場合ですので、ご自身のお住いのホームページや病院、保健所、役所の福祉関係の部署にお問い合わせされることをオススメします。

1.自立支援医療受給者証の取得

この制度は、端的に言って前年度の納税額(つまり、収入)に応じて医療費を0割から3割までに抑える制度です。病院や調剤薬局にも、啓発のためのポスターが貼ってあることがあります。

【手続き】

1.病院の受付等で、「自立支援の申請をしたい」旨申し出る。手順の説明があると思います。

2.担当医に、「自立支援用の診断書を書いていただきたい」旨申し出る。

3.ここは病院によって違うと思いますが、私の病院では、出来上がったという電話連絡があり、受け取り時に料金を支払います。これも¥3000~5000と幅があるようです。

4.以下のものを持参して、保健所で手続きをします。

・診断書

・病院の住所・連絡先がわかるもの

・調剤薬局の住所・連絡先がわかるもの

・印鑑

・本人確認書類

5.手続きをした際に渡される書類を、通院時に病院と調剤薬局に提示します。

6.正式な受給者証が郵送されてきたら、5.と同様に病院と調剤薬局に提示します。届くのに、2か月弱かかると思っていてください。

7.月に1回程度、病院側から提示を求められますので、通院時にはお薬手帳などと合わせて携帯しておくのがよいと思われます。

8.更新は1年に1回です。有効期限の3か月前から手続きできます。そのうち、診断書が必要なのは1年おきとなっています。

9.なお、この制度を利用される方は、診察・調剤は受給者証に記載された機関で行うこととなります。

2.障害者手帳の取得

1.手順の1.から4.までは、上記と同じです。診断書を書いてもらって、保健所で手続きをします。その際に、

・本人証明書類

・タテ4センチ、ヨコ3センチの顔写真(脱帽・上半身、申請から1年以内に撮影したもの)

・申請者本人の住所・氏名を表書きしたハガキ

等を追加なさってください。以下のサイトに詳述されているので、ご参考になさってください。

 

精神障害者保健福祉手帳 東京都福祉保健局

 

2.更新は2年に1回で、有効期限の3か月前から申請できます。

3.マイナンバーの持参

自立支援医療受給者証・障害者手帳とも、東京都のホームページにはマイナンバーのカードの持参が記載されています。念のため、事前に保健所に確認しておいてください。

4.その他

・障害者手帳は「本人確認資料」(または、それに準ずるもの)となるので、運転免許証を持っていない方は、取得しておくとよいかもしれません。

・両者の申請のタイミングがずれてしまい、診断書の取得が煩瑣になってしまった場合でも、保健所で相談すると、「2年に1度」のタイミングに合うように調整していただけるので相談なさってください。

・このエントリーは、制度の「紹介」であって、「奨励」ではありません。利用は、それぞれのご判断でなさってください。

【スポンサーリンク】