本と音楽と、コーヒーと。

本やら音楽やらの、レビューっぽいこと+病気のこともちょっと。

地域の「保健所」を、もっと活用しよう

【読んでいただきたい人】=「こころの病気」の疑いを持っていたり悩んでいるご本人や、そのご家族。

こんばんは。まつじです。ブログを書く者の端くれとしては、読んでいただいた方のお役に立てたり、喜んでいただいたりしてほしいと考えています。今回の記事は、何かのお役に立てるのではないかと自負しております。

1.「こころの健康」に、迷いが生じたら

長く強いストレスに晒されるお仕事をされていると、時として「こころの健康」を害してしまうことがあります。そんな時には、自分を鼓舞したりしようとせず、早いうちに専門家に相談しましょう。例えば、会社に以下のような制度があれば、それを利用しましょう。

・産業医

・産業カウンセラー

もし、会社にそのような制度がなく、「精神科」や「心療内科」を訪ねることに抵抗を感じるようであれば、地域の自治体のホームページで、健康・福祉分野の記事を探しましょう。具体的には、

「自治体名」に「こころの健康」をかけあわせて検索
してみてください。例えば、「八王子」で検索すると、以下のページがトップに表示されます。

 

こころの健康相談|八王子市公式ホームページ

 

まずはそこに電話をかけて、対応できる窓口を探してみましょう。

2.保健所を活用しよう(東京都中野区の場合)

私が住む、東京都中野区での事例をご紹介します。

どの自治体でも、担当地域毎に「保健所」がいくつか配置されていると思います。中野区の場合、「○○すこやか福祉センター」として開設されています。

 

www.city.tokyo-nakano.lg.jp

 

 

www.city.tokyo-nakano.lg.jp

 

私の住む地域では北部すこやか地域センターが担当しています。そこには、保健師さんが常駐(用事で不在のこともありますが)しており、相談の対応をしています。ですので、まずお電話のうえで、ご相談にうかがう日時を決めておくとよいでしょう。その際に、

・お住いの地域、

・お悩みの概要

を伝えて、「一度相談をしたい」旨、お伝えしてください。ご本人でなくとも、そのご家族であれば、相談に応じていただけます。

その上で、次のステップについての提案(専門医での受診等)があるはずですので、それを参考になさってください。

3.社会復帰についての相談

「保健所」では、「病前」の相談だけではなく、病中の方のリハビリ・社会復帰などについての相談にも対応しているはずです。上と同じように、まずは電話連絡の上で、担当保健師さんとの面談日時を決めましょう。

中野区の場合ですと、

・「保健所」で行っているデイケア、

・地域生活支援センター

を始め、職業訓練や社会復帰のための訓練施設が複数あります。どの施設を利用したいか、どこが適切かなどについてご相談されるとよいかと思います。

4.最後に

とはいえ、一番重要なことは、適切な専門医にかかることです。保健師さんなどとご相談のうえでご本人にも納得していただき、必要であれば早めに治療を開始することです。全てのケースで社会復帰が可能とは申し上げられませんが(現に私も復帰できていません)、対応が遅れて状態が悪化するということは避けられると思います。

以上、何かのご参考になればと思います。最後までお読みいただき、ありがとうございました。また、療養中にも関わらず、偉そうなことを書いてしまい、誠に申し訳ありませんでした。

 

f:id:twostars0316:20171008030818j:plain

【スポンサーリンク】