本と音楽と、コーヒーと。

本やら音楽やらの、レビューっぽいこと+病気のこともちょっと。

読書メーター:古典読書会コミュニティ

おはようございます。

「読書メーター」さんの話題が続いて恐縮なのですが、今回は、その中の「コミュニティ」という、いわば掲示板機能を使った読書会についてのご報告です。これは、月に2冊程度の「古典」を読んで、意見や感想を書き込みあおうという主旨のコミュニティで、私も参加させていただいています。

ともすると、古典はその著書名だけは知っていても、実際には触れないで過ごしてしまいがちなものです。なので、とてもよい機会を与えてくださったものだと思っています。

今までに読んできた本を挙げると、

 

・6月 飛ぶ教室(ケストナー)

・7月 忘れられた日本人(宮本常一)、古事記(各種)

・8月 ギリシア・ローマ神話(ブルフィンチ)、ファーブル昆虫記(ふしぎなスカラベ)

・9月 林檎の樹(ゴールズワージー)、ジッド(田園交響楽)、かもめ(チェーホフ)

 

となっています。

そして今月は以下の2冊。

 

方法序説 (岩波文庫)

方法序説 (岩波文庫)

 

 

 

饗宴 (岩波文庫)

饗宴 (岩波文庫)

 

 

と、ちょっとヘビーな内容かな(私にとって、です)、と思われるものが並びますが、既に読むべく入手はしてあります。

がんばって読み切りたいと思っています。

 

【スポンサーリンク】