本と音楽と、コーヒーと。

本やら音楽やらの、レビューっぽいこと+病気のこともちょっと。

テストです。(なぜぼくは、最初の記事を「テスト」とするのか)

追記前の記事

テスト・テスト。

改行はどの程度空いて見えるか。

文字の大きさは? など。

ここから追記(17/12/09追記)

まつじです、こんにちは。今日(17/12/09)から、少しずつ「過去記事」の「手直し」を図っていきたいと思いたち、さっそく1記事目に目をつけました。書いた当初には、それこそ本当に「テスト投稿」だったのですが、少し肉付けをしてみたいと思います。

テスト投稿は必要か?

ぼくはいろいろなブログサービスさんを渡り歩いてきて、いまは「はてなブログ」さんに落ち着いています。

そのブログやテンプレートで、書いた記事が実際にはどのように目に映るのか、それを確認するつもりで「テスト投稿」をしています。

もしかすると?

以前、「Windows Live Writer」という「ブログエディター」とカテゴライズされるソフトを使っていたときの名残りかもしれません。そのソフトとブログサービスには「相性」があって、うまく投稿できるかどうか、投稿後に見てみないとわからなかったんです。これにはいま気がついた。

削除した方がよくないか?

単に「テスト」と3文字投稿しているだけなら、作事しちゃっていいんだろうと思います。そういう意味では、よくこんな記事を残しておいたなと。

ところで、みなさん1記事目には何を書いていますか?

とても気になるところですね。親しいブログ仲間ができたら、聞いてみようと思います。

【スポンサーリンク】